トップ  >  事業内容  >  データ復旧

  

Data Extractor UDMAは、世界で認められたData Extractor製品の新しいバージョンです。

本製品は、3.5インチ、2.5インチ、1.8インチ、1インチのあらゆるIDE HDD (ATA/SATA)のデータリカバリを行うPC-3000 for Windows UDMAハードウェア-ソフトウェアシステムに不可欠な、プロフェッショナル用ソフトウェアです。本製品は、FAT、NTFS、EXT2/ EXT3、HFS+、UFS1/UFS2のファイルシステムに対応しています。

PC-3000 UDMAと連携して本製品を使用すると、ファクトリーモードでHDDのデータリカバリを行えます。

 

 

 

 

 

物理障害                                    論理障害                                  
  • サーフェイスやヘッドの損傷によって生じる多数の不良セクタ
  • ヘッドまたはサーボインフォメーションの損傷による読み込み時の「ノッキング音」
  • 論理パラメータで動作しないHDD、BIOSで認識されないHDD
  • ホットスワップ後のデータリカバリ
  • 衝撃などで生じたアライメントずれ、読み込みが不安定なHDD
  • ダイナミックトランスレーターが破損したHDDのデータリカバリ
  • パーティションテーブルの損傷
  • FAT、MFT、inodeテーブルなどパーティションデータ構造の損傷
  • ユーザーデータの削除
  • パーティションの初期化、または削除など
  • ウィルス感染
 以下の機能で論理的な損害を取り除きます。 物理障害と論理障害の合併障害
 
  • ユーザーデータ、メタデータを介した効率的なデータ検索システム
  • 各種ファイルシステムのデータ構造の確認および編集
  • 「RAW」リカバリモード
  • ユーザーデータを検索できる未使用領域マップ構築モード
  • その他、様々なケース